« 学習者コーパスの構築方法 (1) - 人名用漢字の新字旧字:「莱」と「萊」 »

『三省堂国語辞典』のすすめ その74

2009年 7月 1日 水曜日 筆者: 飯間 浩明

多いとは、こーんなにあること。

気球の写真(キャプションはかつてのCMソング)
【♪大きいことはいいことだ…】

 小さな子でも知っている基礎的な概念をことばで説明することは、かえってむずかしいものです。たとえば、「大きい」「多い」は、幼児が最も早く覚えることばに属しますが、辞書の中でそれを説明するとなると、たいへん苦労します。

 「大きい」は、「空間に占める割合が多い」のように説明することができます。ところが、その「多い」を説明するためには、「数量の程度が大きい」というように、「大きい」を使いたくなります(実際に、ある辞書ではそうなっています)。「大きい」「多い」の説明が循環してしまいます。

 辞書によっては、説明を諦めたかに見えるものもあります。「大きい」は「空間を占める容積や面積が大である」、「多い」も「数量が大である」として、両方とも「大である」でまとめています。「大」を引くと、「大きい方あるいは多い方であること」と出てきます。このようにすっぱり割り切るのも、ひとつの方法かもしれません。

たくさんのりんご
【こんなにあるという状態】

 では、『三省堂国語辞典』はどうでしょうか。これが、なかなかおもしろいのです。 まず、「大きい」は〈容積が多い。かさが多い。〉と、「多い」を使って説明します。一方、その「多い」の説明は、第二版(1974年)以来、こうなっています。

 〈数や量が、こんなにある、という状態だ。〉

 思わず、あっけにとられる説明です。「『こんなにある』って、どんなふうにあるんだ?!」と聞き返したくなります。珍語釈と見る人もいるかもしれません。

 でも、よく味わってみると、これは名語釈というべきです。小さな子に「多い」の意味を聞かれたとき、大人はおそらく、「あめ玉が、こーんなにある、ということだよ」と、手を広げて見せるでしょう。この説明のしかたを、『三国』はそのまま採用したのです。

『《物》と《場所》の意味論』
【久島茂氏に名著がある】

 辞書では手を広げて見せることはできませんが、「こんなに」ということばの中に、程度の大きさを示す要素が入っています。「こんなにある」は、存在する数量の程度が大きいということを、素朴に、直感的に分かるように説明したものです。

 もっとも、それならば「こんなに」や「そんなに」の意味はどう説明するかということが、課題として残ります(『三国』では、特に説明はありません)。そこまでの説明を求める人がどれだけいるかは疑問ですが、できればなお工夫したいところです。

* * *

◆連載を続けてお読みになる方は⇒「『三省堂国語辞典』のすすめ」アーカイブ

◆記事のタイトルからお探しになる方は⇒「『三省堂国語辞典』のすすめ」目次へ

◆新連載「国語辞典入門」は⇒「国語辞典入門」アーカイブ

◆新連載「国語辞典入門」をタイトルからお探しになる方は⇒「国語辞典入門」目次へ

◆飯間先生の記事はここにも⇒「三省堂WebDictionary」ことばパティオ第8回「「串刺し」に堪える語釈でなければならない」

筆者プロフィール

【飯間先生の新刊『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』】飯間浩明(いいま・ひろあき)
 早稲田大学非常勤講師。『三省堂国語辞典』編集委員。
 早稲田大学文学研究科博士課程単位取得。専門は日本語学。古代から現代に至る日本語の語彙について研究を行う。NHK教育テレビ「わかる国語 読み書きのツボ」では番組委員として構成に関わる。著書に『遊ぶ日本語 不思議な日本語』(岩波書店)、『NHKわかる国語 読み書きのツボ』(監修・本文執筆、MCプレス)、『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』(ディスカヴァー21)がある。
URL:ことばをめぐるひとりごと(http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/kotoba0.htm)

* * *

【編集部から】
生活にぴったり寄りそう現代語辞典として定評のある『三省堂国語辞典 第六版』が発売され、「【サンコク】メディアでの紹介」の記事にある通り、各方面で取り上げていただいております。その魅力をもっとお伝えしたい、そういう思いから、編集委員の飯間先生に「『三省堂国語辞典』のすすめ」というテーマで書いていただいております。

2009年 7月 1日