辞書・ことば企画:10分でわかる「コラボレーション」
文字サイズ変更

10分でわかる「コラボレーション」の意味と使い方

【どういう意味?】

異なる立場や人による「共同作業」や、その「成果」のことです。

【もう少し詳しく教えて】

コラボレーション(collaboration)とは、複数の立場や人によって行われる協力・連携・共同作業のことです。またその協力によって得られた成果(=共同開発品・合作品・協力体制)もコラボレーションと呼ばれます。以上の両方とも、コラボと略される場合もあります。

ところでコラボレーションの語が用いられる場合、そこには「意外な組み合わせ」あるいは「付加価値の創出」というニュアンスが込められる傾向があるようです。例えば、意外な組み合わせの具体例としては「日韓のミュージシャンによる新曲の共同制作」「自動車メーカーと家具メーカーによる自動車の共同開発」などの事例があります。また付加価値のある成果の具体例としては「製造・流通・小売の各企業が、各々のコンピューターシステムを統合して作る、新しい協調体制(コラボレーションシステム)」のような事例があります。

【どんな時に登場する言葉?】

協力が行われるすべての分野でこの語が用いられるようですが、特に日本語では「芸術」「商品開発」「経営・情報」の分野における使用頻度が高いようです。例えば芸術の分野では「テクノDJと演歌歌手のコラボレーション(=合作)」などの用例が、商品開発の分野では「テレビ番組とコンビニ弁当とのコラボレーション(=番組で紹介したものと同じレシピの弁当)」などの用例が、また経営情報の分野では「グループウエアの導入によるコラボレーションシステム(=電子メールやテレビ電話などによる共同作業システム)の構築」などの用例があります。

【どんな経緯でこの語を使うように?】

コラボレーションというカタカナ語は、少なくとも1990年代頃までは「芸術」の分野で多く用いられていたようです。例えば当時の新聞では、この語が登場するほとんどの記事が、芸術関係の話題を扱ったものでした。

近年、この語が一般化したきっかけのひとつは「コラボレーションCM」かもしれません。コラボレーションCMとは、単一のコマーシャル作品の中で、異なる企業の商品を紹介する手法のこと。2001年(平成 13)にサントリーが放映した、缶コーヒー「BOSS」のCMがその先駆けとなりました。このCMでは同じ登場人物とストーリーを核にして、SKY PerfecTV・フジカラー・KDDI などの商品も同時に紹介されたのです。まさに「意外な組み合わせが、新しい価値を産み出した」ことになります。一般向けの雑誌でコラボレーションの語が頻出するようになるのは、おそらくこの頃からのことです。

一方1990年代末頃からは、経営・情報の分野でもコラボレーションの語がよく用いられるようになりました。というのも、企業間や部署間のコラボレーション(=共同作業)を支援するための高度な情報技術が、次々に導入されるようになったからです。インターネットの一般化とも関連があるようです。

【コラボレーションの使い方を実例で教えて!】

コラボレーションする/コラボする
異なる立場や人が共同作業を行うことを「コラボレーションする」または「コラボする」などと表現できます。またコラボレーションの語源がコラボレート(collaborate)であることから「コラボレートする」という表現もよく用いられます。
コラボレーションモデル/アイテム/商品
複数企業の共同作業による商品を表す場合、これを「コラボレーションモデル」「コラボレーションアイテム」「コラボレーション商品」などと表現できます。例えば、有名デザイナーと靴メーカーが共同開発したスニーカーなども、コラボレーションモデルと呼ばれます。

【言い換えたい場合は?】

共同作業の意味のコラボレーションを言い換える場合は、「共同作業・共同制作・共同研究・共同事業・協同・協調・連携・協業」といった言い方があります。また成果の意味のコラボレーションを言い換える場合は「共同作業による作品・合作・協調体制・連携システム」などの表現方法を試してみて下さい。

【雑学・うんちく・トリビアを教えて!】

新聞記事に登場した変わったコラボレーションを、いくつか紹介しておきましょう。「現代美術家の村上隆が、アイドルの佐藤江梨子とのコラボレーションでコスプレ写真を撮影」「歌舞伎俳優の市川新之助が、高級ブランドのルイ・ヴィトンとのコラボレーションでモノグラム柄の鏡台を製作」「英国ポップデュオのペットショップボーイズが、日本テレビ「欽ちゃんの仮装大賞」とのコラボレーションで、仮装プロモーションビデオを制作」

三省堂デュアル・ディクショナリー

三省堂デュアル・ディクショナリー

三省堂デュアル・ディクショナリーとは、
「大辞林第三版」、
「ウィズダム英和辞典第3版」、
「ウィズダム和英辞典第2版」
をご購入頂くと、その辞書をウェブでも利用できる、辞書の新しい形態です。


三省堂の辞典

大辞林 第三版

大辞林

古代から現代まで、 本格派日本語[国語+百科]辞典。 類書中最大規模の238,000語を収録。


見やすい カタカナ新語辞典

大活字 分野別イラストで見るカタカナ語辞典

大きな活字で目にやさしい、大人のためのカタカナ新語辞典。日々増え続けるカタカナ語とABC略語約1万3千項目を見やすいレイアウトで収録。


コンサイスカタカナ語辞典

コンサイスカタカナ語辞典

的確な語義と詳細な解説で定評のあるコンサイスカタカナ語辞典の最新版。


デイリーコンサイスカタカナ語

デイリーコンサイスカタカナ語辞典

大幅な改訂増補で、日常生活に必須のカタカナ語・欧文略語を2万4千語収録。


大きな文字で読みやすい
三省堂新カタカナ語辞典

三省堂新カタカナ語辞典

大きな活字を採用した見やすく分かりやすい辞典


日経新聞を読むためのカタカナ語辞典

日経新聞を読むためのカタカナ語辞典

経済に強くなるカタカナ語辞典


辞書のご案内

カタカナ語辞典
辞書をお探しの方へ
お問い合わせ
辞書を買う
ことばと辞書の話題
今週のカタカナ語
このサイトについて

【三省堂サイト】

三省堂デュアル・ディクショナリー 三省堂ホームページ 三省堂教科書・教材 三省堂 Web Dictionary
三省堂WebShop