« 日本語社会 のぞきキャラくり 第73回 キャラクタと発話キャラクタ - 社会言語学者の雑記帳3-3 社会言語学者になるまで »

和独インデックス―増加した外来語

2010年 1月 18日 月曜日 筆者: 信岡 資生

クラウン独和辞典―編集こぼれ話―(76)

『クラウン独和辞典 第4版』の「和独インデックス」は、従来のものを全面的に書き改めた。その結果、第3版に比べ、ページ数は8ページ増えて57ページに、見出しは約800語も増加して6,351語になった。試みに第4版の「和独インデックス」の第1ページで新たに立項された見出しを挙げると、アーケード Arkade ; Bogengangアーモンド Mandelアイコン Iconあいている2 開いている offen、アウトバーン Autobahnあえぐ 喘ぐ keuchen 、アクセサリー Zubehör中・男 ;(装身具)Schmuckアクセス Zugriff; ~する zu|greifen 、アクセル Gaspedal. ~を踏む aufs Gas treten 、あげる2 挙げる(名前、例、理由を) an|geben; (数を) an|führen. の10語で、このうち、7語までがカタカナつまり外来語である。全体として増加された語には外来語が多い。

新しく立項されたこれらの外来語は世相を反映するものである。オリエンテーション Orientierungエコノミークラス Economyklasse . ~症候群 Economyklassen- Syndromキオスク Kioskクローン Klon . ~人間 geklonte Menschenダビング~する überspielen 、バイオテクノロジー Biotechnologieユーロ Euroリハビリテーション Rehabilitation などのほか、テディーベア Teddybärもある。なかでもコンピューター関連のことばが目立つ。上に挙げたアイコンをはじめ、イーメール Eメール E-Mailインストール Installation ~するinstallieren、インターネット Internetインプット Eingabe . ~する ein|geben 、ウエブサイト Websiteオンライン ~の online. ~サービスOnlinebetriebクリック ~する klicken 、チャット ~する chatten 、パスワード Passwortハッカー Hacker などが増えた。また、2006年ドイツで開催されたワールドカップの影響で関心の高まったサッカー競技関連のことばも増加した。イエローカード die Gelbe Karte 、ディフェンス(球技) Verteidigerリーグ Ligaワールドカップ Weltmeisterschaft などのほか、ゴールに ~キーパー Torwart が加筆された。

「和独インデックス」のカタカナ立項語は全体のほぼ15%に当る960語ある。ただし、動・植物名はカタカナ書きしているので(例:ミミズ Regenwurmイチジク Feigeヒマワリ Sonnenblume)その全部が外来語というわけではない。

ドイツ人との交流や旅先で、カタカナ慣れしている日用品で、それに当るドイツ語がとっさに思い浮かばない際などにも ― 例えばクリップ Klammer とか、セロ[ハン]テープ Tesafilm ― この「和独インデックス」が役に立つであろう。


 【筆者プロフィール】
信岡資生(のぶおか・よりお)
成城大学名誉教授
専門は独和・和独辞典史
『クラウン独和辞典 第4版』編修主幹


【編集部から】
2008年2月に『クラウン独和辞典』(第4版)が刊行されました。日本初、「新正書法」を本格的に取り入れた独和辞典です。編修委員の先生方に、ドイツ語学習やこの辞典に関するさまざまなエピソードを綴っていただきます。

2010年 1月 18日