« 山下芳太郎(33) - 学会情報:第47回語彙・辞書研究会 »

日本語社会 のぞきキャラくり 補遺第84回 「キャラ化」について

2015年 4月 26日 日曜日 筆者: 定延 利之

補遺第84回 「キャラ化」について

 日本の社会が「キャラ」を切り口に論じられるということは,もはや今日では珍しいと言えないかもしれない。だがその中でも,相原博之氏の『キャラ化するニッポン』(講談社現代新書,2007)は,射程の幅広さで異彩を放っている。

 人々が「生身の自分」よりも「キャラとしての自分」に親近感やリアリティを感じるようになる「アイデンティティのキャラ化」。マンガの中で描かれる「キャラ的身体」が人々のあこがれの対象となり,実写ドラマ化という形で「生身の身体」がそれを追いかける「身体のキャラ化」。最近の若者たちによるコミュニケーションの皮相化という「コミュニケーションのキャラ化」。マンガを地で行くような「政治のキャラ化」。新興企業が実体とかけ離れた魅力的な企業イメージで膨張する「経済・企業のキャラ化」。人々が消費対象の「全体」にではなく,「部分」(キャラ属性)にしか魅力を感じなくなる「消費のキャラ化」。と,実に様々な現象が「キャラ化」というキーワードのもとに論じられている。

 「キャラ化」とは何か? それは「端的に言えば,現実社会をキャラ的に生きる生き方を指した言葉」(p. 178)だと言う。では,その前提となる「キャラ」という概念は,どのように捉えられているのかというと,なんと伊藤剛氏による「キャラクタ(character)」「キャラ(Kyara)」の定義(補遺第81回第83回を参照)が持ち込まれているではないか(pp. 120-124)。もちろん,伊藤氏の区別はマンガ論の中でなされたもので,相原氏もそれを「拡大解釈」して取り込んでいるようなのだが,う~ん,これがなかなか難しい。たとえば「蛯原友里というキャラクターと「エビちゃん」というキャラ」(※)(p. 148)と述べられているあたり,伊藤氏の定義との関係が明確でないと感じてしまうのは私だけだろうか。

 むしろ相原氏の「キャラ化」の多くは,「キャラクタ(=物語の登場人物)化」と考えた方が,氏の観察は活きるのではないか。現実世界を生きる私たちも,物語世界を生きる登場人物も,基本的には変わりがない。だが,鑑賞作品である物語はしばしば単純化され,登場人物のキャラ変わりは通常,抑制される(それが起きたのが「アルムおんじ」のラップなどである(前回))。つまり物語世界の登場人物は単純なものになりがちである。

 伊藤氏の「キャラ」定義を紹介した上で,相原氏は「社会がキャラ化するということは社会が「比較的に簡単な線画」で描けるようなものになるという意味に置き換えることもできる。これは,もちろん「キャラ化した人間」に置き換えても同様だ」(p. 123)と「拡大解釈」をおこなっている。だが,この「簡単さ」は,物語世界の登場人物の単純さと「拡大解釈」することも可能なのではないだろうか。

※蛯原友里というファッションモデルの愛称が「エビちゃん」、とwikipediaには解説されている。

<< 前回  次回>>

* * *

◆この連載の目次は⇒「日本語社会 のぞきキャラくり 補遺」目次へ

◇この連載の正編は⇒「日本語社会 のぞきキャラくり」目次へ

◇この連載正編の中国語版と英語版
  中国語版⇒角色大世界――日本
  英語版⇒An Unofficial Guide for Japanese Characters

【筆者プロフィール】

『日本語社会 のぞきキャラくり』定延利之(さだのぶ・としゆき)
神戸大学大学院国際文化学研究科教授。博士(文学)。
専攻は言語学・コミュニケーション論。「状況に基づく日本語話しことばの研究と,日本語教育のための基礎資料の作成」などを行う。
著書に『認知言語論』(大修館書店、2000)、『ささやく恋人、りきむレポーター――口の中の文化』(岩波書店、2005)、『日本語不思議図鑑』(大修館書店、2006)、『煩悩の文法――体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話』(ちくま新書、2008)『日本語社会 のぞきキャラくり――顔つき・カラダつき・ことばつき』(三省堂、2011)などがある。
URL:http://web.cla.kobe-u.ac.jp/aboutus/professors/sadanobu-toshiyuki.html

* * *

【編集部から】

このサイトでの連載「日本語社会 のぞきキャラくり」がもとになり、書籍として『日本語社会 のぞきキャラくり―顔つき・カラダつき・ことばつき』が刊行されてから一年後のこと、編集部たっての希望がかない、さらに「キャラくり」世界を楽しむべく、続編をご執筆いただくこととなりました。
イラストは、書籍版『日本語社会 のぞきキャラくり』でも「キャラくり」世界をステキに彩ってくださったカワチ・レンさんによるものです。
隔週日曜日の公開です。続きもお楽しみに!

2015年 4月 26日