« 広告の中のタイプライター(27):New Yost - シベリアの大地で暮らす人々に魅せられて―文化人類学のフィールドワークから― 第十二回:ハンティのハンティング »

人名用漢字の新字旧字:「甜」と「甛」

2018年 3月 8日 木曜日 筆者: 安岡 孝一

第153回 「甜」と「甛」

153amai-old.png新字の「甜」は、常用漢字でも人名用漢字でもないので、子供の名づけに使えません。旧字の「甛」も、常用漢字でも人名用漢字でもないので、子供の名づけに使えません。「甜」と「甛」の新旧には、実は議論があるのですが、ここでは「甜」を新字、「甛」を旧字ということにしておきましょう。

昭和21年11月5日、国語審議会は当用漢字表1850字を、文部大臣に答申しました。この当用漢字表には、新字の「甜」も旧字の「甛」も収録されていませんでした。当用漢字表は、翌週11月16日に内閣告示されましたが、やはり「甜」も「甛」も収録されていませんでした。そして、昭和23年1月1日に戸籍法が改正された結果、新字の「甜」も旧字の「甛」も、子供の名づけに使えなくなってしまったのです。

それから半世紀の後、平成16年3月26日に法制審議会のもとで発足した人名用漢字部会は、「常用平易」な漢字であればどんな漢字でも人名用漢字として追加する、という方針を打ち出しました。この方針にしたがって人名用漢字部会は、当時最新の漢字コード規格JIS X 0213(平成16年2月20日改正版)、文化庁が表外漢字字体表のためにおこなった漢字出現頻度数調査(平成12年3月)、全国の出生届窓口で平成2年以降に不受理とされた漢字、の3つをもとに審議をおこないました。新字の「甜」は、全国50法務局のうち出生届を拒否された管区は無く、JIS第1水準漢字で、出現頻度数調査の結果が128回でした。この結果、新字の「甜」は「常用平易」とはみなされず、人名用漢字に追加されませんでした。旧字の「甛」は、そもそもJIS第1~4水準漢字に含まれていないので、審議の対象になりませんでした。

その一方で、平成16年4月1日、法務省民事局は『戸籍手続オンラインシステム構築のための標準仕様書』を通達、合わせて戸籍統一文字を発表しました。戸籍統一文字は、電算化戸籍に用いることのできる文字で、当初の時点では、漢字は55255字が準備されていました。この55255字の中に、新字の「甜」と旧字の「甛」が含まれていたのです。つまり、コンピュータ化された戸籍の氏名には、新字の「甜」も旧字の「甛」も使えるよう、システム上は設計されているのです。けれども法務省は、出生届には、新字の「甜」も旧字の「甛」も許しませんでした。

平成23年12月26日、法務省は入国管理局正字を告示しました。入国管理局正字は、日本に住む外国人が住民票や在留カード等の氏名に使える漢字で、13287字を収録していました。この13287字の中に、新字の「甜」と旧字の「甛」が含まれていたのです。この結果、日本で生まれた外国人の子供の出生届には、「甜」や「甛」が書けるようになりました。でも、日本人の子供の出生届には、新字の「甜」も旧字の「甛」もダメなのです。

【筆者プロフィール】

安岡孝一(やすおか・こういち)

京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター教授。京都大学博士(工学)。文字コード研究のかたわら、電信技術や文字処理技術の歴史に興味を持ち、世界各地の図書館や博物館を渡り歩いて調査を続けている。著書に『新しい常用漢字と人名用漢字』(三省堂)『キーボード配列QWERTYの謎』(NTT出版)『文字符号の歴史―欧米と日本編―』(共立出版)などがある。

http://srad.jp/~yasuoka/journalで、断続的に「日記」を更新中。

2018年 3月 8日