Sanseido Word-Wise Web [三省堂辞書サイト] » ネット座談会 ことばとキャラ

ネット座談会 ことばとキャラ

2016年7月8日より連載開始。
不定期16:00に公開予定。

■目次

 

■筆者プロフィール

宿利由希子(しゅくり・ゆきこ)
1980年生まれ。
群馬大学社会情報学部卒業,東北大学大学院文学研究科(修士課程)修了,神戸大学大学院国際文化学研究科(博士課程)在学。
韓国,香港,仙台の日本語学校および宮城県国際化協会(非常勤講師),ノボシビルスク国立大学(国際交流基金日本語専門家),東北大学(日本語・日本文化交換留学コーディネータ)。海外産業人材育成協会関西研修センター在職(非常勤講師)。
専門は,日本語教育。

*

友定賢治(ともさだ・けんじ)
県立広島大学名誉教授。専攻は日本語学,中でも,方言や子どものことばの研究。編著書に,『全国幼児語辞典』(東京堂,1997),『育児語彙の開く世界』(和泉書院,2005),『関西弁の広がりとコミュニケーションの行方』(陣内正敬と共編 和泉書院,2006),『県別罵詈雑言辞典』(真田信治と共編 東京堂,2011),『感動詞の言語学』(ひつじ書房,2015)などがある。

*

『キャラ論』瀬沼文彰(せぬま・ふみあき)
1978年生まれ
西武文理大学兼任講師,桜美林大学基盤教育院非常勤講師,追手門学院大学 笑学研究所 客員研究員,日本笑い学会理事
東京にて大手芸能事務所にて瀬沼・松村というコンビで漫才などタレント活動,引退後,東京経済大学大学院へ進学。同大学院 博士後期課程単位取得退学
専門は,コミュニケーション学,若い世代の笑いやコミュニケーションの研究を行っている。
単著『キャラ論』スタジオセロ(2007年),『笑いの教科書』春日出版(2008年)
共著『コミュニケーションスタディーズ』世界思想社(2010)

*

『日本語社会 のぞきキャラくり』定延利之(さだのぶ・としゆき)
神戸大学大学院国際文化学研究科教授。博士(文学)。
専攻は言語学・コミュニケーション論。「状況に基づく日本語話しことばの研究と,日本語教育のための基礎資料の作成」などを行う。
著書に『認知言語論』(大修館書店,2000),『ささやく恋人,りきむレポーター――口の中の文化』(岩波書店,2005),『日本語不思議図鑑』(大修館書店,2006),『煩悩の文法――体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話』(ちくま新書,2008)『日本語社会 のぞきキャラくり――顔つき・カラダつき・ことばつき』(三省堂,2011)などがある。
URL:http://web.cla.kobe-u.ac.jp/aboutus/professors/sadanobu-toshiyuki.html

《他の執筆者のプロフィールは初回掲載時に追加予定》

 

【編集部から】

新企画「ことばとキャラ」は,金田純平さん(国立民族学博物館),金水敏さん(大阪大学),宿利由希子さん(神戸大学院生),定延利之さん(神戸大学),瀬沼文彰さん(西武文理大学),友定賢治さん(県立広島大学),西田隆政さん(甲南女子大学),アンドレイ・ベケシュ(Andrej Bekeš)さん(リュブリャナ大学)の8人によるネット座談会。それぞれの「ことばとキャラ」研究の立場から,ざっくばらんにご発言いただきます。