« 人名用漢字の新字旧字:「𠮷」と「吉」 - 「百学連環」を読む:総論の構成 その5「真理」(後半) »

談話研究室にようこそ 第3回 書きことばでアイロニーを伝える方法

2011年 5月 19日 木曜日 筆者: 山口 治彦

第3回 書きことばでアイロニーを伝える方法

 最初の2回(第1回第2回)で述べたことは,モグラがその生息環境に適した形態をしているように,私たちがコミュニケーションで使用することば(テクスト)の形式も往々にしてその状況(コンテクスト)にふさわしい形式をとるということでした。

 とすれば,同種のコミュニケーション行為であっても,それを行うコンテクストが異なるなら,表現方法や解釈プロセスに違いが出るかもしれません。今回と次回では,アイロニー(反語,皮肉)を伝えるという行為が,書きことばを用いるときと口頭で対面的に行うときでは,異なる部分があることを示したいと思います。

 次の例は,1998年に私が米国に留学していたときに日本の勤務先に送ったファックスの冒頭部分です。当時はまだ,ファイルのやりとりをメールで行うことが一般的ではありませんでした。

(3) 先日は,講義題目の原稿等,たくさん,たくさんファックスで送っていただきまして,ありがとうございました。午前4時過ぎでした。まだ暗い静かな室内にファックスが無機的な受信音を響きわたらせ,それはそれは,すばらしい芸術空間を創造してくれたものです。次回の公演予定はいつ頃でしょうか? 家族ともども楽しみにお待ちしております。

 (3)を読んで,どのような印象を持ったでしょうか。文章の表面は感謝と期待の意を伝えています。ですが,真意はこれと逆で,受けた迷惑をなじる気持ちが行間にふつふつとわいてくるかと思います。(実際,当時の(特に米国製の)ファックスの受信音は今のように静かなものではありませんでした。しかも都合の悪いことに,配線の関係でファックスを寝室に設置せねばならなかったのです。やれやれ。)

 では,なぜこのような芸当が可能になったのでしょうか。(3)の文章を前にして,誰しもがアイロニーを感じたとすれば,表面上の意味合いを反転させる仕組みがこのテクストには備わっているはずです。それは何でしょう。

 (3)のテクストで目に付くのは,「たくさん,たくさん」と「それはそれは」という,一見したところ不要な繰り返しです。ふつうはこんなに繰り返しません。わざわざやったからには意味があるだろうと考えるのが,コミュニケーションにおける私たちの常套です。

 「たくさん」は繰り返されると,しばしば度を越した強調となります。そして,強調が過ぎると,発言内容はうそくさくなります。「たくさんファックスで送って」もらったのなら「ありがたい」ですが,「たくさん,たくさん送ってもらった」のならありがた迷惑かもしれません。すでにこの時点で,意味が反転する兆しが見られます。

 次に来るのが「午前4時過ぎでした」という短い説明です。午前4時にファックスを送るのは,緊急の用でないかぎり,非常識です。ありがとうという感謝のことばは,午前4時にファックスを送るのは失礼だ,という常識的知識と明らかに対立します。

 アイロニーが発動するのに必要なのはこの種の対立です。不安定なうそくさいことばと動かしがたい事実――この場合は常識的知識――との対立です。私たちはこのような場合,うそくさいことばの意味合いを通常とは違えてとらえることによって,首尾一貫した解釈を保持するわけです。

 となると,迷惑を被った作者が白々しくもねちねちと述べる「声」が行間に聞こえてくるはずです。

 ひとたびアイロニーの解釈が発動すると,あとはその方向で解釈が進められます。「すばらしい芸術空間」は安眠を妨げるうるさい室内を想起させ,「家族ともども」のくだりは,作者当人のみならず家族全員が迷惑したことを伝えます。「それはそれは」という繰り返しは,皮肉な口調を再確認させるでしょう。

 要するに,(3)のテクストがアイロニーを引き起こしたのは,表面的な文意と常識的知識が対立し,しかも,一見不必要な繰り返しがその対立を際立たせているからです。

 さて,(3)は書きことばによってアイロニーを伝えた例と言えますが,次にこれと対話の場におけるアイロニーとを比べてみましょう。どこか異なる点はあるでしょうか。あるとすれば,それは書きことばを用いることと対面的に口頭で伝えることとの違い――コンテクストの違い――によってもたらされたはずです。

<< 前回  次回 >>

*

◆ほかの回をお読みになる方は⇒「談話研究室にようこそ」目次へ

【筆者プロフィール】

『明晰な引用,しなやかな引用』(くろしお出版) 『語りのレトリック』(海鳴社)山口治彦(やまぐち・はるひこ)

神戸市外国語大学英米学科教授。
専門は英語学および言語学(談話分析・語用論・文体論)。発話の状況がことばの形式や情報提示の方法に与える影響に関心があり,テクスト分析や引用・話法の研究を中心課題としている。
著書に『語りのレトリック』(海鳴社,1998)『明晰な引用,しなやかな引用』(くろしお出版,2009)などがある。

*

【編集部から】

雑誌・新聞・テレビや映画、ゲームにアニメ・小説……等々、身近なメディアのテクストを題材に、そのテクストがなぜそのような特徴を有するか分析かつ考察。
「ファッション誌だからこういう表現をするんだ」「呪文だからこんなことになっているんだ」と漠然と納得する前に、なぜ「ファッション誌だから」「呪文だから」なのかに迫ってみる。
そこにきっと何かが見えてくる。

2011年 5月 19日