« 山下芳太郎(15) - 三省堂辞書の歩み 三省堂英和大辞典 »

日本語社会 のぞきキャラくり 補遺第75回 『はすっぱ』について

2014年 12月 14日 日曜日 筆者: 定延 利之

補遺第75回 『はすっぱ』について

 「株式会社 不謹慎」(補遺第54回参照)のM社長から携帯メールが届いた。「先生,『はすっぱ』って,どういうことですかね?」

 聞けばいま某所で,某外国人女性に「おめえ,はすっぱだな」と声をかけたところ「ハスッパ,ナニ?」と問われ,説明に窮したという。このような質問も放ってはおけないのが社外役員のつらいところである。

 「はすっぱ」とはどういうことか? 辞書には「下品な女のさま」としか載っていない。だがたとえば,四六時中騒がしく,公共の場でも自分や仲間のことしか考えず,出物腫れ物所嫌わずで通す,そんな下品な女を「はすっぱ」とは呼ばないだろう。「はすっぱ」は確かに下品だが,その下品さはそこまでのものではない。

 それに何より重要なことは,「はすっぱ」な女は美人,少なくとも『女』が感じられるということである。生物学的には女性だが,中性的で『女』が感じられない人物が下品であったとしても「はすっぱ」とは言わない。ここには『女』と「品」の結びつきが関わっているようである。

 『男』と「格」の高さが結びつきやすく,『女』と「品」の高さが結びつきやすいということは,既に発話キャラクタ(つまり話し手のキャラクタ)について確認済みのところである。たとえば,『神』キャラであっても『女神』なら「~です」「~ます」と丁寧調でしゃべってもおかしくないように,発話キャラクタとして「『男』は『女』よりも「格」が上」とイメージされがちである。そして,「げっへへ」のような「下品」な笑いは『男』を思わせるように,発話キャラクタとして「『女』は『男』よりも「品」が上」にイメージされがちである(補遺第41回)。

 また,同じことは表現キャラクタ(表現される人物のキャラクタ)についても確認済みである。たとえば「貫禄」「風格」「堂々」「恰幅」「押し出し」「重厚」のような「格」の高いことばは『女』よりも『男』を思わせるように,表現キャラクタとして「『男』は『女』よりも「格」が上」とイメージされがちである。さらに,「しとやか」「優雅」「優美」といった「品」の高さを思わせることばが『男』よりも『女』の表現であるように,表現キャラクタとして「『女』は『男』よりも「品」が上」とイメージされがちである(本編第64回)。

 発話キャラクタや表現キャラクタと同じように,キャラクタのラベルについても,「『女』は『男』よりも「品」が上」とイメージされがちだと考えてみると,「はすっぱ」の意味がすっきりする。「はすっぱ」とは,『女』キャラが感じられるのに(典型的に言えば美人なのに),『女』ということから期待される「上品さ」に欠けている,但しその下品さは『女』を損なってしまうような,とことん下品といったものではない,ということである。

 2012年に広島県が観光PR用に作ったキャッチコピーに「おしい! 広島県」というものがある。自虐的に「おしい」と一歩引くことで逆に注目を集める狙いがあるという。つまり「うちは,98点なんです」と言うことでその優秀性をアピールするやり方である。

 「はすっぱ」ということばもこれと似ている。「おめえ,はすっぱだな」と言うM社長は,相手が『女』(典型的には美人)であることを認めて「おしい」と言っているわけである。以上の旨を私は早速,携帯メールで「答申」し,社長には我が意を得たりと納得してもらった。が,その後,98点方略が功を奏したのか,「はすっぱ」さんとどうなったかは聞いていない。

<< 前回  次回>>

* * *

◆この連載の目次は⇒「日本語社会 のぞきキャラくり 補遺」目次へ

◇この連載の正編は⇒「日本語社会 のぞきキャラくり」目次へ

◇この連載正編の中国語版と英語版
  中国語版⇒角色大世界――日本
  英語版⇒An Unofficial Guide for Japanese Characters

【筆者プロフィール】

『日本語社会 のぞきキャラくり』定延利之(さだのぶ・としゆき)
神戸大学大学院国際文化学研究科教授。博士(文学)。
専攻は言語学・コミュニケーション論。「状況に基づく日本語話しことばの研究と,日本語教育のための基礎資料の作成」などを行う。
著書に『認知言語論』(大修館書店、2000)、『ささやく恋人、りきむレポーター――口の中の文化』(岩波書店、2005)、『日本語不思議図鑑』(大修館書店、2006)、『煩悩の文法――体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話』(ちくま新書、2008)『日本語社会 のぞきキャラくり――顔つき・カラダつき・ことばつき』(三省堂、2011)などがある。
URL:http://web.cla.kobe-u.ac.jp/aboutus/professors/sadanobu-toshiyuki.html

* * *

【編集部から】

このサイトでの連載「日本語社会 のぞきキャラくり」がもとになり、書籍として『日本語社会 のぞきキャラくり―顔つき・カラダつき・ことばつき』が刊行されてから一年後のこと、編集部たっての希望がかない、さらに「キャラくり」世界を楽しむべく、続編をご執筆いただくこととなりました。
隔週日曜日の公開です。続きもお楽しみに!

2014年 12月 14日