« タイプライター博物館訪問記:菊武学園タイプライター博物館(11) - 人名用漢字の新字旧字:「強」と「强」 »

古語辞典でみる和歌 第21回 「梅の花…」

2016年 2月 9日 火曜日 筆者: 古語辞典編集部

古語辞典でみる和歌 第21回

梅の花散らす春雨いたく降る旅にや君がいほりせるらむ

出典

万葉・一〇・一九一八

梅の花を散らす春雨がたいそう降っている。(いまごろ)旅先であなたは仮の宿りをしているのだろうか。

(『三省堂 全訳読解古語辞典』〔第四版〕「いほり」)

今回は、梅の花を詠んだ歌を取り上げました。

『全訳読解古語辞典』第四版では、「いたし」のような多義語にあたる重要語に、特別に「図解チャート」を設けてあります。チャートに添えられた解説を読むと、「いたし」が「いたく降る」のように連用形となっている場合、多くは「たいそう」という意味で考えると良いことが、重要なポイントとしてまとめられています。

また、「いたく」は、つい、現代語から「痛く」という意味を連想してしまいがちですが、『全訳読解古語辞典』で「いたし」を引いてみると、以下のような「語義要説」が冒頭に付いており、現代語の「いたく感激した」という用例の語感と結びつけながら、古語の意味を学習することができます。

[語義要説]「いた」は「いと」「いち」などと同源で、程度がはなはだしいの意、すなわち「いたし」は「甚(いた)し」が本義と考えられる。程度のはなはだしさがよい面に表れると、すばらしい、りっぱだの意になり、精神的・肉体的に与える苦痛がはなはだしいなど悪い面に表れると「痛(いた)し」となる。動詞形は「痛む」。なお、「甚し」の連用形「いたく」は、あとにくる動詞を修飾して副詞的に用いられることが多く、程度を表す副詞「いたく」が生まれた。現在でも、「いたく感激した」などという表現で用いる。

このような語義の整理は、たとえば、高校教科書でよく取り上げられる『竹取物語』の「かぐや姫、いといたく泣きたまふ」などという用例の理解にも、役立つでしょう。

◆三省堂 創作和歌コンテストについて

三省堂では、「三省堂 高校生創作和歌コンテスト」を行っております。今年度の募集「題詠:もみぢ」は11月20日をもって締め切らせて頂きました。たくさんのご応募、ありがとうございました。結果は、2016年2月25日(木)12時に弊社ホームページ上にて発表予定です。

創作和歌コンテストバナー

 

三省堂の学習用古語辞典

三省堂 全訳読解古語辞典
高校からの推薦数No.1の古語辞典。授業から入試まで、古典学習のポイントがひと目でわかる。最新版の「第4版」では、好評のコラム「読解のために」約570項目が全面リニューアル。

 

三省堂 詳説古語辞典
学習用古語辞典最大クラスの4万1千語を収録。表にまとめられた文法項目、最重要語のアプローチ欄、訳出の要点に付けられたポイントラベルなど、従来の上級向け古語辞典には無かった、親切でわかりやすい解説が盛りだくさん。

2016年 2月 9日