« 人名用漢字の新字旧字:「産」と「產」 - ネット座談会 ことばとキャラ 第4回 »

日本語・教育・語彙 第10回 「美しい日本語」「正しい日本語」への疑問(5):擬音語・擬態語をめぐって

2016年 7月 22日 金曜日 筆者: 松下達彦

第10回 「美しい日本語」「正しい日本語」への疑問(5):
擬音語・擬態語をめぐって

 「正しい日本語」をめぐって、第7回では「静かな住宅街」と「閑静な住宅街」について論じた。これは意味的な上位語(「静かな」)は、文脈の支えがあれば下位語(「閑静な」)の意味を表現し得る、ということであった。これはどちらも言語の規範的なルールにのっとった表現で、ただ、意味の限定の範囲の広さが異なるだけである。

 第8回では「海に包まれた街」という表現について、普通の表現ではないが、文芸的におもしろい表現として受け入れられる可能性について論じた。第9回では、子どもが発した「木の掃除機」「薬の賞味期限」などの表現について取り上げた。自分の知っている語の用法を本来は使われない文脈へ拡張することで、言語運用能力の不足を補う優れたストラテジーであることを論じ、同じようなことは留学生などの非母語話者にも頻繁に生じるということを説明した。第8回、第9回で論じたのは、実は隠喩(メタファー)による意味の拡張で、言語規範の一部をやむを得ず、あるいはわざと回避したうえで、意図したことを伝えるという技法であった。

 

 今回は、そもそも何が規範なのかを決めにくい例として、擬音語・擬態語(オノマトペとも言われる)を取り上げたい。

 擬音語・擬態語は、実は以前の日本語能力試験においては、範囲外だと公表されていた。日本語には擬音語・擬態語がたくさんあり、わからないと日常生活でもかなり不便だと思うが、それでも範囲外だった。おそらく、何が正解かを明快に説明するのが難しいと考えたからであろう。雨が降るのは、なぜザーザーでサーサーではないのか、と聞かれても、みんながそう呼んでいるから、としか言いようがないのだが、実は普通の言語はそのような自然発生的なルールでできているので、本来は擬音語・擬態語だけを特別扱いする理由はないはずである。では、なぜ特別扱いされたのであろうか。

 それは、擬音語・擬態語の創造性にあると思われる。時代の移り変わりとともに新しい語が次々に出てくるが、その多くはすでにある語構成要素の組み合わせやその短縮(例:「ドタキャン」「ボキャ貧」)であったり、外来語であったりする。まったく新しい語構成要素が作り出されることはほとんどないのであるが、その例外が擬音語・擬態語である。漫画を見れば、既存の語構成要素を含まない新語が次々に生み出されていることがわかる。いまでは定着度の高い表現と言える「ガーン」などもマンガに由来するという情報がネット上に散見される。定着度は不明だが、「ガビーン」もマンガに由来するようである。「ガチョーン」など、テレビ番組に由来すると言われるものもある。大野(2009)によれば、現代の短歌や俳句でも新しい擬音語・擬態語が使われているらしい。

 擬音語・擬態語は音や状態を言葉で表現したものなので、音や状態の切り取り方について、社会的に共通のルールを明確に説明しにくい以上、誤りだと言いにくいのであろう。しかも、同じことを表現するのに、他の言語にもオノマトペがあることが少なくない。以前、私が中国に留学していたころ、よく世界各地から来た留学生たちとオノマトペの話題になった。おまえの国の鶏はどう鳴くんだと聞かれて「コケコッコー」だと言ったら大笑いされたことがある。絶対そんなふうには鳴いていないというのだが、じゃあ、お前の国ではどう鳴くんだと聞くと、「オ、オオー」だという。どうも鳴き方が1回少ない気がするが、それを日本語の表現として使ったら間違いかと言われれば、そうとも言えない。そう聞こえたのだから、そう表現してもいいはずである。猫のことをニャーニャーではなく、ミューミューと鳴いていると書いたところで、それは誤りとはいえないであろう。

 しかも、オノマトペには複数の言語でかなり共通性の高いものとそうでないものがあるようだ。牛の鳴き声は中国でもモウモウらしい。英語の猫の鳴き声のミューミューは鼻音(鼻から抜く音)だという点ではニャーニャーと同じである。日本語でもミャーミャーは猫に使うであろう。コケコッコーとクックドゥルドゥルドゥー(英語)はかなり違うように見えるが、実は子音のほとんどが破裂音(k,dなど)で、二重子音(促音の「ッ」)を含んでいるという点では共通である。なまじっか共通性があるだけに、どれが正しい、という規範を決めるのも難しい。他言語の擬音語・擬態語を日本語に移し替えて使えば、それはそれでおもしろい表現として受け入れられるかもしれない。

 

参考文献

大野純子(2009)「現代短歌・俳句に見る新語オノマトペ ―既存のオノマトペからの派生をとりあげて―」『大正大學研究紀要 人間學部・文學部』94, pp.184-172.

 

<< 前回  次回 >>

 

◆この連載の目次は⇒「日本語・教育・語彙」目次へ

 

【筆者プロフィール】

松下達彦(まつした・たつひこ)
『自律を目指すことばの学習―さくら先生のチュートリアル』東京大学グローバルコミュニケーション研究センター准教授。PhD
研究分野は応用言語学・日本語教育・グローバル教育。
第二言語としての日本語の語彙学習・語彙教育、語彙習得への母語の影響、言語教育プログラムの諸問題の研究とその応用、日本の国際化と多言語・多文化化にともなう諸問題について関心を持つ。
共著に『自律を目指すことばの学習―さくら先生のチュートリアル』(凡人社 2007)『日本語学習・生活ハンドブック』(文化庁 2009)、共訳に『学習者オートノミー―日本語教育と外国語教育の未来のために』(ひつじ書房 2011)などがある。
URL:http://www17408ui.sakura.ne.jp/tatsum/
上記サイトでは、文章の語彙や漢字の頻度レベルを分析する「日本語テキスト語彙分析器 J-LEX」や、語彙や漢字の学習・教育に役立つ「日本語を読むための語彙データベース」「現代日本語文字データベース」「日本語学術共通語彙リスト」「日本語文芸語彙リスト」などを公開している。

【編集部から】

第二言語としての日本語を学習・教育する方たちを支える松下達彦先生から、日本語教育全般のことや、語彙学習のこと、学習を支えるツール……などなど、様々にお書きいただきます。
公開は第4金曜日を予定しております。

2016年 7月 22日