« 明日は何の日:2月7日 - 『三省堂国語辞典』のすすめ その1※ »

『三省堂国語辞典』のすすめ その1

2008年 2月 6日 水曜日 筆者: 飯間 浩明

この棚にあるものは…【編集部から】
生活にぴったり寄りそう現代語辞典として定評のある『三省堂国語辞典 第六版』が発売され、「【サンコク】メディアでの紹介」の記事にある通り、各方面で取り上げていただいております。その魅力をもっとお伝えしたい、そういう思いから、編集委員の飯間先生に「『三省堂国語辞典』のすすめ」というテーマで書いていただきました。

キンダイチは知ってる。ケンボウはどうだ。

 今回、『三省堂国語辞典 第六版』の編集に参加しました。学生時代から『三国(サンコク)』を最高の辞書と信じて疑わない私にとっては、この上ない幸せです。

 本欄をお読みの読者なら、『三国』のことはご存じかもしれません。ところが、書店や出版・報道関係の人でも、この辞書のことを知らない人がいます。まるで、チューリップを知らない花屋さんのようだ、と大いに不満を感じます。『三国』の魅力が意外に理解されていないことは、私にとっては見過ごせません。

 そこで、この連載では、『三国』のキャッチコピーを考えてみることにしました。実際の広告で使うわけではありませんが、もし評判のよいコピーがあれば、ひょっとして本当の広告でも使ってくれないかしら、というくらいには思っています。

見坊豪紀先生 第1回のコピーは、『三国』の編集主幹だった見坊豪紀(けんぼう・ひでとし)という名前を広く知ってもらおうと考えたものです(右の写真は『三省堂国語辞典 第三版』の内容見本から)。

 日本語辞書の編者といえば、一般に有名なのは、まず金田一京助でしょう。すぐれた言語学者であり、文化勲章の受章者です。昔から多くの辞書に「監修」などの形で名が記され、世代を問わず、「辞書の金田一先生」として親しまれています。

 しかし、辞書は監修者だけではできません。実質的にことばを集めたり、語釈を書いたりする人が必要です。多くの場合、この作業は、大人数で手分けして行います。ところが、まれに、一人の超人がすべての仕事を行うことがあります。明治時代の『言海』を編纂した大槻文彦はその代表例です。

 現代にも、ほぼ独力で辞書を編纂した人がいます。見坊豪紀です。戦時中、若くして辞書の編纂に身を投じ、新聞・雑誌などから現代語を集め続けました。大学や研究所にも勤めましたが、決然退職して辞書づくりに専念。晩酌や旅行も犠牲にして、生涯にのべ140万語以上をカードに採りました。その仕事が形になったのが『三省堂国語辞典』です。

見坊カードから(クリックすると拡大します)
見坊先生が採集したもの 見坊先生のものが採集されることも

見坊カード 見坊の死後、『三国』の改訂作業は、何人かでの分業体制になりました。それでも、見坊の辞書づくりの精神と方法は、変わらず受けつがれています。それがどういうものであるかについては、次回以降にお話しします。

 まずは、『三国』の産みの親、見坊豪紀の名を、どうか記憶にとどめてください。

* * *

◆連載を続けてお読みになる方は⇒「『三省堂国語辞典』のすすめ」アーカイブ

◆記事のタイトルからお探しになる方は⇒「『三省堂国語辞典』のすすめ」目次へ

◆新連載「国語辞典入門」は⇒「国語辞典入門」アーカイブ

◆新連載「国語辞典入門」をタイトルからお探しになる方は⇒「国語辞典入門」目次へ

◆飯間先生の記事はここにも⇒「三省堂WebDictionary」ことばパティオ第8回「「串刺し」に堪える語釈でなければならない」

筆者プロフィール

飯間浩明(いいま・ひろあき)
 早稲田大学非常勤講師。『三省堂国語辞典』編集委員。
 早稲田大学文学研究科博士課程単位取得。専門は日本語学。古代から現代に至る日本語の語彙について研究を行う。NHK教育テレビ「わかる国語 読み書きのツボ」では番組委員として構成に関わる。著書に『遊ぶ日本語 不思議な日本語』(岩波書店)、『NHKわかる国語 読み書きのツボ』(監修・本文執筆、MCプレス)がある。
URL:ことばをめぐるひとりごと(http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/kotoba0.htm)

2008年 2月 6日