« 絵巻で見る 平安時代の暮らし 第30回 『源氏物語』「御法」段の「紫上の最期」を読み解く - 山下芳太郎(8) »

日本語社会 のぞきキャラくり 補遺第71回 「猛禽」について

2014年 10月 19日 日曜日 筆者: 定延 利之

補遺第71回 「猛禽」について

 語には「語がある以上,その指示対象もちゃんとあるはず」と思わせる力があり(前々回),そのことは特にモノを表す語に顕著に見られる(前回)。つまり,「坊っちゃん」や「お嬢様」のような語(キャラクタのラベル)には,「ことばがある以上,そういうキャラクタもちゃんとあるはず」と思わせる強い力がある。

 このことをまざまざと感じさせてくれるのは,瀧波ユカリ氏のマンガ『臨死!! 江古田ちゃん』(講談社)にたびたび現れる,「猛禽」(もうきん)というキャラクタのラベルである。

 このことばが指し示している『猛禽』キャラとはどのようなキャラクタなのか? 主人公の江古田ちゃんたちによれば,それは「走ればころび,ハリウッド映画で泣き,寝顔がかわゆく,乳がでかい」(第1巻5頁)という,世の男性にとって魅力的な諸特徴を備えた一種の『娘』キャラで,「狙った獲物(男性)は決して逃がさない」(第1巻5頁)というところから,ワシやタカなどの猛禽類にたとえられてこの名が付いている。下位類としては妹のような『妹猛禽』(第1巻125頁),一見猛禽らしくない『かくれ猛禽』(第4巻55頁・第5巻56頁)などがある。

 なんだ,『ぶりっ子』のことじゃないかと思われた方もいるかもしれないが,江古田ちゃんに言わせれば『ぶりっ子』と『猛禽』は別物である。「ひと昔前に生息していた「ぶりっこ」は 時がたつにつれ 男共に ことごとく本性を見抜かれ ぜつめつした」「そして試行錯誤の末 新たに誕生した「猛禽」は 我々の予想を はるかにこえる 完成度をほこっている」「聞き上手で」「下ネタにも寛容」「ほっとかれてもふくれず」「ブサイクにもやさしい」(第1巻25頁),「ことりの声に耳をすまし」(第1巻74頁),喧嘩を見れば「ショックで立てない」(第1巻117頁)という。

 つまり,『二枚目』キャラを演じようとする意図を露呈させてしまった者が『二枚目』キャラになりおおせず,『キザ』キャラという破綻キャラ(本編第74回第75回)に認定されてしまうように,『ぶりっ子』は『かわいい子』を演じようとする意図を周囲に感知させてしまっているため『かわいい子』ではなく破綻キャラ『ぶりっ子』としてしか認知されない(そして今日では絶滅した)。それに対して『猛禽』は,『かわいい子』を演じようとする意図がその言動に決して現れないという。

 では,そのような『猛禽』が『猛禽』であって『かわいい子』でないという証拠はどこにあるのか? 演じようとする意図が言動に決して現れないなら,『猛禽』とは正真正銘の『かわいい子』ではないのか? それを認めず『猛禽』などと言い立てているのは単なるヒガミではないかと,江古田ちゃんは周囲から白眼視される(第3巻85頁)。いや,それどころか江古田ちゃん本人も自信を失い(第1巻25頁),『猛禽』は本当に『猛禽』か,どこまでが計算なのかと悩むことさえある(第1巻54頁)。

 しかし結局のところ江古田ちゃんの直感は間違っていなかった。男たちからチヤホヤ介抱してもらうことを狙って,酒に酔いつぶれた演技をしたものの,当てが外れて男たちはソソクサと帰ってしまったが,今さら演技をやめるわけにもいかず困っているという『猛禽』の様子が(登場人物のセリフではなく)地の文で「ひっこみがつかない」と記述されることによって,(少なくともこのマンガ世界の)真実が明らかにされる(第3巻97頁)。『猛禽』はやはり『猛禽』であったのだ。

 ちなみに,この『猛禽』は「翼の折れた猛禽」と記されている。(続)

<< 前回  次回>>

* * *

◆この連載の目次は⇒「日本語社会 のぞきキャラくり 補遺」目次へ

◇この連載の正編は⇒「日本語社会 のぞきキャラくり」目次へ

◇この連載正編の中国語版と英語版
  中国語版⇒角色大世界――日本
  英語版⇒An Unofficial Guide for Japanese Characters

【筆者プロフィール】

『日本語社会 のぞきキャラくり』定延利之(さだのぶ・としゆき)
神戸大学大学院国際文化学研究科教授。博士(文学)。
専攻は言語学・コミュニケーション論。「状況に基づく日本語話しことばの研究と,日本語教育のための基礎資料の作成」などを行う。
著書に『認知言語論』(大修館書店、2000)、『ささやく恋人、りきむレポーター――口の中の文化』(岩波書店、2005)、『日本語不思議図鑑』(大修館書店、2006)、『煩悩の文法――体験を語りたがる人びとの欲望が日本語の文法システムをゆさぶる話』(ちくま新書、2008)『日本語社会 のぞきキャラくり――顔つき・カラダつき・ことばつき』(三省堂、2011)などがある。
URL:http://web.cla.kobe-u.ac.jp/aboutus/professors/sadanobu-toshiyuki.html

* * *

【編集部から】

このサイトでの連載「日本語社会 のぞきキャラくり」がもとになり、書籍として『日本語社会 のぞきキャラくり―顔つき・カラダつき・ことばつき』が刊行されてから一年後のこと、編集部たっての希望がかない、さらに「キャラくり」世界を楽しむべく、続編をご執筆いただくこととなりました。
イラストは、書籍版『日本語社会 のぞきキャラくり』でも「キャラくり」世界をステキに彩ってくださったカワチ・レンさんによるものです。
隔週日曜日の公開です。続きもお楽しみに!

2014年 10月 19日