モノが語る明治教育維新 第12回―文部省発行の家庭教育錦絵 (2)

2017年 6月 27日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第12回―文部省発行の家庭教育錦絵 (2)

 文部省が家庭教育のために発行した錦絵のうち、この回では江戸期の伝統を引き継いだ1・2・3のシリーズについて、具体的に見ていきます。

 1の「衣食住之内家職幼絵解之図(いしょくじゅうのうちかしょくおさなえときのず)」は家の建築を扱い、設計から上棟までのプロセスを段階的に説明した9枚と、左官、鍛冶屋、畳屋といった造作(ぞうさく=障子・畳・床の間・柱など、建物の内装部分)を担った職人の仕事紹介11枚で構成されています。

 幼児と家づくり、少し意外な組み合わせですが、江戸期には、種々の職人の姿を集めた「職人尽(づくし)」を絵解きしたものが人気でしたし、寺子屋でも往来物『番匠往来』を使って建築資材や基本用語を学びました。家を建てることはいつの時代も人生の大仕事であり、その基礎的知識を幼少期に授けることも重要と考えられていたのでしょう。子どもにとっては遊びの少ない時代でしたし、目に見えて刻々と変化する普請場(ふしんば)は身近なワンダーランドとして、面白かったのかもしれませんね。

 「衣食住之内家職幼絵解之図」とシリーズ名が付されていること、曜斎国輝(二代歌川国輝)と絵師の名前が記され、描いた人物が特定できるところが他のシリーズと違います。描かれている家づくりは江戸期からの伝統的な手法で、文明開化の要素といえるのは、瓦の製造に加え煉瓦が紹介されていること、丁髷の他に断髪した散切り頭(ざんぎりあたま)の職人が描かれている程度です。


(写真はクリックで拡大)

 2の農林・養蚕では日本の代表的な産物である米・茶・絹(蚕)、それに糊として用いられる蕨(わらび)、材木としてはもちろん、その葉はお線香にもなる杉の生育法と用途を紹介しています。どれも伝統的な方法で、絵図中にも開化的な要素は見受けられず、1と同様に散切り頭の人物が描かれている程度です。


(写真はクリックで拡大)

 3の教訓・道徳では、善行を勧め、悪行を戒める題材が取り上げられています。善行は「早朝の掃除」「勉強する童男(わらべ)」「勉強する家内(かない)」「出精する家内」「心切(しんせつ)なる童女(わらべ)」の5枚、悪行は「狡戯(わるあそび)をなす童男」「小盗(こぬすみ)する者」「争闘(あらそい)を好む童男」「粗暴の童男」「難渋者ヲ侮辱(はずかし)ムル童男」「疎漏より出来(しゅったい)する怪我」の6枚です。このシリーズは「早朝の掃除」以外は画題のみで、詞書(ことばがき)がありません。他ではある説明文を付けなかったのは、絵を見ながらしていいこと悪いことを親が子に諭して導いてほしい、との思いがあったからではないでしょうか。どれも常識的な教えではありますが、学制が布(し)かれて1年、勧学の意図は見て取れます。絵図中の開化度は1・2に比べては高く、西洋の物品が描かれているものも登場します。「心切なる童女」では、御者に鞭(むち)うたれながら走り抜ける馬車が大きく描かれ、後ろ姿の男性が持つ緑の西洋傘が何とも印象的です。

 この時代、職人の世界や農村では江戸のままであるのに比べ、都市では文明開化が着実に進んでいることを感じさせる一枚です。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://karasawamuseum.com/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第11回―文部省発行の家庭教育錦絵 (1)

2017年 6月 13日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第11回―文部省発行の家庭教育錦絵 (1)

 これまでご紹介したように、当時の文部省は教科書や掛図、地球儀など学校教材を自ら手掛けることもしていましたが、その視線は家庭教育にも向けられていました。

 明治6年、「幼童家庭ノ教育ヲ助ル為メニ」「画四十七種製造ノ器二品ヲ頒布ス」との布達を出し、実際に未就学児童向けに47枚の玩具絵(子ども用の錦絵)と玩具2点(カードゲームのような玩具と女児用織機)を製造頒布、その後数年のうちに100種類以上もの教育錦絵を世に出したのです。明治6年といえば全国的に学校が始動した年、その当初から学校だけではなく幼児教育、特に就学以前の家庭教育が大切なことを、欧米に範を取りつつ認識していたことがわかります。

 「文部省報告」では、親が姑息の愛におぼれ、子どもを好き勝手に遊ばせ道理の分からない愚かな大人になってから後悔しても遅い、当省が家庭教育の為に欧米列国の先案を模擬して造った絵画玩具を頒布するので、これを用いて徐々に導いていけば、知能も啓発され、徳性は善良となり、就学も順調になる、と発行の意図を高らかに述べています。

 では、そんな教育的効果が高い錦絵とは具体的にどんな内容だったのでしょう。テーマ別に次の6シリーズに分類できます。

1 「衣食住之内家職幼絵解之図」(いしょくじゅうのうちかしょくおさなえときのず) 20枚
2 農林・養蚕関係 16枚
3 教訓・道徳関係 11枚
4 「西洋器械発明者の像」 15枚
5 数理・力学関係 24枚
6 切り取って遊ぶもの 16枚

 このうち1・2・3は江戸期の文物やモラルを引き継いだ伝統的色彩の濃いもの、4・5・6が開化的傾向の強いものといえます。

 具体的な内容を、次回から1つずつ順にみていきます。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://karasawamuseum.com/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第10回―世界、そして地球を学ぶ (2)

2017年 5月 9日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第10回―世界、そして地球を学ぶ (2)

 教育内容の近代化が急務である草創期の学校では、地理教育の比重はとても重いものでした。師範学校制定の下等小学教則によると、第六級(2年生前期)の「読物」と「問答」、第五・四級(2年生後期・3年生前期)の「問答」という教科で、特に「地球儀」という時間を設けていたほどです。文部省はこの授業で使う教材として、「文部省定正 新訂地球儀」(明治8年)と箱書きされた地球儀を作製しました。新訂とあるところを見ると、これ以前に作られたものがあったようですが、大切に木箱に収められ140年以上たったとは思えない状態の良さです。

(写真はクリックで拡大)

 地球儀は開化を象徴する教材として世間から注目され錦絵にも多く登場しますが、どれも生徒たちが取り囲んで見るほどの大きなものとして描かれています。

 ところがこの実物は、地球が直径10.5センチほどの小さなもので、木製の支柱と台座を含めても生徒が囲んで見るような大きさではありません。教材としてどのように利用されたのか謎ですが、問答の授業がどのように進められたかは、『文部省新訂地球儀略解』(明治8年)のような民間の教科書が発行されていたのでおおよそ分かります。その緒言には「此書ハ文部省新訂ノ地球儀ノ色分ケ及ヒ地勢気候ノ概略ヲ解キ専ラ幼童地理ヲ学フモノゝ一助ニ供スル」とあります。内容の一例を引くと

 (問)地球儀とは何てあるや
 (答)地球儀とは一個の球を造り其前面に世界のありさまを記載したる者であります
 (問)陸地の大洲を何々に分つるや
 (答)六大洲にして即ち亜細亜、欧羅巴、亜非利加、墺太利亜、北亜墨利加、南亜墨利加等であります
(以上、原文ママ)といった具合です。

 地球儀は12枚の船形地図を貼り合わせて作られおり、一見して3本の三重線(赤道、本初子午線、黄道)と4本の点線(夏至線・冬至線・北圏線・南圏線)が目につきます。

太陽の見かけ上の通り道(黄道)などを地球上に引くことで、世界地理 だけでなく、天文学的な内容も含めて、地球儀を用いて学ばせたのでしょう。『師範学校 改正小学教授方法』(明治9年)にも地球儀は「地球の自転して昼夜の変をなし 太陽の周辺を公運して四時寒暑の節をなす理 ・・を瞭然目撃せしむるの器械なり」とあります。ちょうど前回ご紹介した福澤諭吉の『世界国盡(せかいくにづくし)』と『訓蒙窮理図解(くんもうきゅうりずかい)』の内容を合わせたような地球儀の時間だったと思われます。

 維新から8年、村の名や東海道往来を学んでいた子どもたちが、はるか遠くの世界の国々や天体としての地球まで、この地球儀で学識を広めることが出来るようになったのです。

★おまけ

 日本は「日本諸島」とあり、エソ(蝦夷)、東京、四国、九州、長サキ、ヲキ(隠岐)、サド、八丈島、琉球の地名が記されています。樺太・千島交換条約締結(明治8年5月)の数か月前にこの地球儀が作成されたため、カラフト(サハリン)は日本領土として全土赤く塗られています。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://karasawamuseum.com/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第9回―世界、そして地球を学ぶ (1)

2017年 4月 11日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第9回―世界、そして地球を学ぶ (1)

 開国間もない日本の子どもたちは、世界の「形」をどのようにして学んだのでしょうか。

 黒船来航は、「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん)たつた四はいで夜もねむれず」(「上喜撰」は宇治茶の品名の上喜撰と蒸気船の掛詞)と狂歌に詠まれるほど庶民に衝撃を与えましたが、一方で、これをきっかけに幕末の寺子屋師匠の中には世界や地球に興味を持つ人が現われました。茨城県土浦の寺子屋師匠、沼尻墨僊(ぬまじりぼくせん)[安永4年~安政3年]もその1人、生来多芸多才な人物で、竹ひごで作った骨組みに木版刷り世界図を貼り合わせ、折りたたみ可能な傘式地球儀を考案しました。安政2年には百数十個の地球儀を世に出したところ好評で、自らもその地球儀を使って門弟たちに地理学や天文学を教えたそうです。

(写真はクリックで拡大)

「萬国山海地球輿地全図」

 当館所蔵の精耕堂(第2回で紹介した栃木県真岡市の寺子屋)関係資料の中にも、「地球萬国山海輿地(よち)全図説」という幕末に流布した一枚刷り世界地図が残されておりますし、そこで使用された往来物『永代年代記大成』(弘化3年)の巻頭には「萬国山海地球輿地全図」という名の世界地図が描かれており、日本の外の世界を知る地理教材として扱われたと考えられます。この頃になると為政者ばかりでなく、普通の人々もまた、世界の中の日本を意識するようになっていたのでしょう。

 維新後は、先駆的な開明学者である福澤諭吉が世界各地の風俗や歴史を七五調であらわした『世界国盡(せかいくにづくし)』(明治2年)が人気を博しました。「世界は広し 萬国はおおしといへど 大凡(おおよそ)五に分けし名目は 亜細亜阿非利加欧羅巴 北と南の亜米利加に 堺かきりて五大洲・・」という書き出しは、世界を俯瞰(ふかん)した内容の面白さと暗誦した時のテンポの良さで、寝言にも言うぐらい口ずさまれていたそうです(『名ごりの夢』の中で語られた著者今泉みねの思い出)。

(写真はクリックで拡大)

『世界国盡』に描かれた世界地図

その口絵には、それまでの卵形の世界地図とは異なり、円形の東と西の半世界図が描かれており、日本国は東の片隅に置かれ世界の広さが強調されています(「萬国山海地球輿地全図」のような卵形の地図はマテオ・リッチが17世紀初めに作製した「坤輿(こんよ)万国全図」をルーツとしています)。

(写真はクリックで拡大)

 また、諭吉が著した日本最初の科学入門書ともいうべき『訓蒙窮理図解(くんもうきゅうりずかい)』(明治元年)では地球儀や地球の絵を描いて引力や昼夜、四季が生じる原理を分かりやすく説明しています。

 この『世界国盡』と『訓蒙窮理図解』の2冊は明治5年文部省が小学校教科書として公示した中に含まれ、次回ご紹介する新しい学校教育の中身にも少なからず影響を与えたと考えられます。

(次回へつづく)

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://karasawamuseum.com/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第8回

2017年 3月 14日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第8回

 見て楽しい英語辞書の話です。

 幕末から明治にかけて、日本に空前の英語旋風が吹き荒れます。明治初年の新聞は銀座4丁目松葉軒でABC菓子の販売、神田旅籠町(はたごちょう)岡野谷で茶呑稽古英字煎餅(ちゃのみげいこえいじせんべい)が販売されたことを報じています。お茶請けにもアルファベットが侵入するフィーバーぶりです。

 何しろペリーによる砲丸外交で無理に開国を迫られたわけですから、国として諸外国との交渉に必要な会話力、西洋文明を知るために必要な洋書の翻訳能力を身に着けられるか否かは、死活問題です。幕府はその対策に安政3年蕃書調所(ばんしょしらべしょ)を開設し、封建的な幕府としては珍しく、能力のある人物であれば地位や身分に関係なく人材を登用しました。そんな英語熱の時代の空気を開国後の民間人も共有していたことを感じさせる面白い英語辞書が、明治5年発行の『英国単語図解』です。

 蕃書調所から開成所と名を変えた幕府の洋学研究所は、慶応2年に『英吉利単語篇』(以下、単語篇)という英単語を1490語羅列しただけの学習書を出版します。その単語篇の図説対訳本として出版されたのが、この『英国単語図解』(以下、図解)です。

(写真はクリックで拡大)

  
『英吉利単語篇』        『英国単語図解』

図解では単語篇の前半740語を収録しており、第一篇の文具や学校に関する単語30語、第二篇の天候や地形など自然界の現象100語、第三篇の陸海軍の名称、人間関係の呼称、曜日、季節など210語、第四篇の人体、病名、建築物、日用品の名称など400語の4部構成になっています。

 これらの英単語は底本の存在が研究者により確認されており、第一篇がオランダ人ファン・デル・パイルの『英文典初歩』、第二篇から第四篇までがドイツで刊行された英独仏伊語の対訳単語集『Traveller’s Manual』から抜き出されたものだということが分かっています。

(写真はクリックで拡大)

 誌面は1ページを均等に10分割し、1コマに「master. マストル 師匠 シシヤウ」のように英単語とカタカナの発音表記、それに訳語とその読みを書いていますが、中には「post-office. ポストヲッフィス 飛脚館 セイフノヒキャクヤ」のような意訳も見受けられます。

この辞書のユニークな点は、なんといっても挿絵にあります。

(写真はクリックで拡大)


人物が旧態依然とした丁髷(ちょんまげ)の男性と日本髷(にほんまげ)の女性で描かれ、江戸と英単語というミスマッチな取り合わせがかえって新鮮に感じられます。表情も思わずクスッとしてしまうようなものが多く、「Laughing. ラァヒング 笑 ワラヒ」などは、“もらい泣き” ならぬ “もらい笑い” をしてしまいそうです。舶来ものの時計や椅子など見たことないものも、絵があることで分かりやすくなりますし、ハグキ、ウワアゴ、メノタマなど人体のパーツを表す英単語の挿絵も、インパクトが半端ではありません。

 江戸期の往来物(教科書)を見ていても感じますが、難しいものも絵入りにすることで誰もが楽しみながら学べる工夫をする、そんな日本人の持つセンスと知恵が現代のアニメ文化を築いたように思います。

 この本の著者、市川央坡は、文久元年の遣欧使節団の一員だった市川渡(清流)と同一人物といわれます。渡は旅行中の日記を元に『尾蠅(びよう)欧行漫録』という見聞録を残していますが、序文には「私は蟹行(横文字)の書物を学んだこともない」(『幕末欧州見聞録:尾蠅欧行漫録』新人物往来社)と書いています。ぶっつけ本番の海外旅行で自らが苦労したであろう外国語を楽しく学べる辞書があれば、との思いがこの本の誕生につながったのではないでしょうか。

 実は『英吉利単語篇』と『英国単語図解』の間には、中間的立場の辞書がもう一冊存在します。図解の版心書名(折目に書かれたタイトル)が題箋(表紙のタイトル)と違い、『対訳名物図編』とあるところから調べてみましたら、これは図解と同じ体裁ながら絵の部分が空白の辞書でした。慶応3年に市川が「彼ニノミ有テ我ニ無キ物」つまり外国製で知悉(ちしつ)していないものが少なからずあるので、挿絵の部分を空白のままで上梓(じょうし)したと述べています。この、絵の抜けた辞書を経て図解完成までに5年の歳月が費やされたわけで、市川の執念を感じさせます。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://karasawamuseum.com/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第7回―国語掛図に見る洋学派VS国学派

2017年 2月 14日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第7回―国語掛図に見る洋学派VS国学派

 第3回で明治6年発行の第三単語図をご紹介しましたが、今回はこの国語掛図について深掘りしていきます。実はこの単語図、とても短命だったのです。

 「国語」という教科名が正式に用いられるようになったのは、明治33年になってからのこと。学制期のこの時期、師範学校制定の下等小学教則では、第5回で紹介した『小学読本』などを学ぶ前段階として、単語図や連語図といった掛図を用いて、まず言葉の勉強をするように定めています。

 明治6年発行された単語図は全部で8枚、西洋文明を積極的に摂取しようとする開明派の師範学校編集局が、ペスタロッチの教育思想を取り入れ、子どもが目で見て直観的に理解できるように絵図を中心にして作成しました。第一単語図と第二単語図は歴史的仮名遣いを教えるため、第三単語図から第八単語図までは子どもに身近な事物の性質や用途を問答形式で学ばせるために、漢字もしくはカタカナで表記しています。

 ところが翌7年になると改正版が文部省から出版され、師範学校版はたった1年で廃版となってしまいました。具体的に改正部分を見てみると、全210の単語のうち、単語そのものの変更が4か所、表記の変更が29か所あります。第三単語図では表記変更は次の9か所です。

(写真はクリックで拡大)

  
明治6年・師範学校版              明治7年・文部省版              

  檎(明治6年版)→林檎(明治7年版)
  柘榴→石榴
  黄瓜→胡瓜
  カボチャ→南瓜(注)
  水瓜→西瓜
  大根→蘿蔔
  人参→胡蘿蔔
  蕪菜→蕪
  牛房→牛蒡

これを見ると、小学入門として入学したての子どもが学ぶにはより漢字が難しくなっているように思いませんか。特にカタカナで書かれた表記は、第三単語図のカボチャの他にも、コップ→鍾、マンテル→上着、シャップ→帽、ズボン→短胴服(チョッキのこと)と変更され、師範学校版が積極的に用いたカタカナ表記を文部省版は完全になくしてしまいました。

 改正版がより難解になっているのは、連語図も同じです。学校では単語図の次に、単語を使って短句を並べた連語図を学びますが、師範学校版が口語体なのに対して、文部省版は文語体に変更されています。

(写真はクリックで拡大)

    
 明治6年・師範学校版              明治7年・文部省版            

「手習を致しましやう」が「手習すべし」と堅苦しい表現に変わり、これも子どもへの教え方としては時代に逆行しているようにみえます。

 これらの改正の裏には、洋学派が占めていた師範学校に対する、国学派の圧力があったといわれています。当時の国学派の権力者黒川真頼(まより)が、口語体の言葉など自然に覚えるものであり、しかも「五年十年過ゆくとかかる文体は用ゐるべくもをもはれず」と断じ、将来役に立たない文体を教えることになると横やりを入れたのです。維新の大業に一翼を担った国学派の意見を、文部省が無視できなかったのでしょう。このため端緒では進歩的だった国語教育が古風に逆戻り、読本に口語体が用いられるようになるのは、文部省編纂『読書(よみかき)入門』『尋常小学読本』発行の明治20年ごろまで待たなければならなかったのです。

★おまけ

 スイカを水瓜と書く人に夏目漱石がいます。

(写真はクリックで拡大)

単語図で明治6年に水瓜と教えられたものが、7年には西瓜と変更されるわけですから、漱石はこの短命に終えた師範学校版を学んだ貴重な一人ではないかと、一人推察して楽しんでいます。他にキュウリを胡瓜と書かずに師範学校版と同じに黄瓜と書いています。慶応3年生まれの漱石は、明治7年12月に7歳で浅草の戸田学校に入学していますから、8月発行の文部省版でも不思議はないのですが、師範学校版びいきの私としては願いも込めて、漱石の作品の表記チェックをしているところです。(右写真は『漱石全集第一巻吾輩は猫である』漱石全集刊行会、昭和3年刊行 より。)

(注)写真の冊子では「南瓜子」となっていますが、実際の掛図では「南瓜」となっています。掛図を書き写した際の写し違いと思われます。

(出典)
師範学校版:『師範学校小学教授法全』田中義廉・諸葛信澄閲、明治6年、雄風舎蔵版。
文部省版:『師範学校改正小学教授方法』東生亀次郎、明治9年。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://members3.jcom.home.ne.jp/kmuseum/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新―第6回

2017年 1月 10日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第6回

 九九は九九でも割り算九九。江戸からの贈物。

 数ある掛図の中でも現代人が最も頭を捻るのが、この除算九九図でしょう。九九と言えば掛け算の乗算九九しか思い及ばず、インド式二桁掛け算に驚いているようでは、祖先の知恵に対して失礼というもの。ぜひ、頭に汗かいてこの掛図と格闘してみてください。

 明治9年発行の『師範学校改正小学教授方法』によれば、「右の行の一より九までを上の段の一より九までにて割る時は其下に書たる数となる 其読法は上の一を以て右の行の一を割る時は次の行の十分となる 又上の段の二にて右の行の一を割る時は五分となる 其下の二も三も同じ理にて三を五つにすれば六分となるが如し 日本算なれば(二一天作ノ五)(三一三十ノ一)(四一二十ノ二)(五一加一)と呼ぶ是なり」とあります。

 つまり、上の段の1~9は除数(割る数)、縦の1~9は被除数(割られる数)、交わったところの数字(基本、商と余りです)を暗記するわけですが、これは算盤を使って割り算計算するときに暗誦した割声(わりごえ)「八算」を明治8年東京師範学校が表にしたものなのです。和算の往来物(教科書)で江戸期のベストセラー数学書『塵劫記(じんこうき)』には、必ずこの八算が記載されており、江戸の人が割り算計算する際の必須アイテムでした。『小学教授方法』に日本算と記されているのがこの八算のことで、「二一天作の五」つまり、二でもって一を割ると五分になる、という意味の割声は少し前まで多くの日本人の知るところでした。ちなみに進退窮まった時に使う「二進(にっち)も三進(さっち)もいかない」という言い回しも、八算の2でも3でも割り切れない、というところからきています。

 一度この表を暗記すれば、除数が1桁なら指が自然と動いて珠算が出来るようになります。

 例えば12345÷3の場合

 まず「三一三十ノ一」(万の位の1を3で割る)と唱えながら、万の位を3に直し、千の位の2に余り1を加えると次のようになります。

次に、「三進が一十」(千の位の3を3で割る)、千の位の3から3を引き0にして、万の位に1を足します。

そして、「三進が一十」(百の位の3を3で割る)で同様に百の位についても3を0にして、千の位に1を足します。

それから、十の位の4を3と1に分けて計算します。「三進が一十」(十の位の4のうち3を3で割る)で十の位から3を引いて百の位に1を足すとこのようになり、

「三一三十ノ一」(十の位の残り1を3で割る)で、十の位の1を3に直し、一の位の5に1を足すと、次のようになります。

さらに、一の位の6を3と3に分けて考え、「三進が一十」(一の位の6のうち3を3で割る)でこのようになり

「三進が一十」(一の位の残り3を3で割る)で一の位の3から3を引いて0にして、十の位に1を足します。

つまり、答えは4115となるわけです。声に出しながら玉をはじいていくとなかなか気持ちが良いものです。

 明治5年頒布された『学制』には「算術九九数位加減乗除 但洋法ヲ用フ」とあり、算術は洋法即ち筆算(暗算・珠算ではなく、数字を書いて計算すること)を教えるように指示していますが、江戸期から受け継がれた珠算の便利さは文明開化も何のその、どっこい生き残ったわけです。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://members3.jcom.home.ne.jp/kmuseum/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第5回―博物図と二人の富太郎

2016年 12月 13日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

第5回―博物図と二人の富太郎

 植物学者の牧野富太郎は文久2年土佐生まれ、寺子屋や郷校(庶民も学べる学校で藩校と寺子屋の中間的存在)で学び、学制改革に伴い明治7年12歳で小学校に入学します。わずか2年で自主退学、学歴的には下等小学卒となるのですが、それでも独学で日本植物分類学の基礎を築き、理学博士となった人物です。郷校で文明開化の諸学科(窮理学《物理学》や地理学、生理学等)を学んでいた彼にとって、小学校の教育内容が飽き足らなく思えたことが退学の理由ですが、そのような中でも「文部省で発行になった『博物図』が四枚学校へ来たので、私は非常に喜んでこれを学んだ」と述懐しています(『牧野富太郎自叙伝』長嶋書房)。

 この『博物図』とは理科掛図のこと。明治6年、アメリカのM. ウィルソン & N. A. カルキンズの「School and Family Charts」中の植物図を参考に文部省が作成しました。

(写真はクリックで拡大)

中でもこの第二博物図は国産の果実44種類、ウリ科15種類を大小のメリハリを利かせてレイアウトし、6年発行の4枚の中でも特に目を引きます。当時はこれほど美しい大判の色刷り教材など無かったでしょうから、富太郎少年の目をくぎ付けにしたのもうなずけます。まさに本家本元アメリカの掛図に引けを取らない見事な出来栄えは、やはり日本独自の伝統の積み重ねがあったからといえるのではないでしょうか。画家の長谷川竹葉は歌川派の絵師で、輪郭線を銅版で描くなど新しい手法を取り入れつつ、江戸期に花開いた浮世絵の版画の技術を活かしたものとなっています。

 そして理科掛図刊行の中心人物である文部省博物局の田中芳男(第4回で紹介した『小学読本』編纂者田中義廉の兄です)が、幕末に勤めた幕府の洋学研究機関「蕃書調所(ばんしょしらべしょ)」もまた、江戸と明治の文化の接ぎ穂的存在として意義あるものでした。文久元年、交易上必要な国内外の鉱物、動物、植物の知識を蓄える物産学が所内に開設され、ほぼ同時に開設された画学局では正確な臨写図(手本通りに写生した図)を描くことが重要な任務でした。物産学出役(出向)の田中芳男は動植物の絵を画学局の画工に依頼、知識をビジュアル化する二人三脚の体制がすでにこの時出来上がっていたわけです。

 牧野富太郎は明治14年、心に焼き付いた博物図の刊行者である田中に会うために文部省博物局を訪れ、植物研究への志を強くしています。この博物図は偉大な学者の誕生に貢献した教材といえるでしょう。

 そして、もう一人の富太郎、唐澤富太郎がこの博物図を入手したのは、講演で出かけた先の信州松代の旅館でした。資料収集に燃えていた父が講演を受ける交換条件としていたのが、地元の古道具屋さんを紹介してもらうことだったのですが、出会った人ごとに「昔の面白い何か、ありませんか」と尋ねることも常としておりました。藩校の文武学校が今に残る松代は、きっと面白いものがあるに違いないと、長年の経験でぴ~んとくるものがあったのでしょう。宿泊先の旅館でも尋ねたところ、江戸期には文武学校の御用商人として文具を扱っていたそうで、明治初期の貴重な掛図をはじめ、文房具やご家族の賞状まで分けていただき感慨無量だったと自著『執念』(講談社)で述べています。

 

★おまけ

『博物図』一部拡大(林檎)

現代人が見て、一番不思議に思うのは林檎の小ささでしょう。ミカンやスモモと同じ大きさに描かれています。当時の林檎は和林檎で小ぶりでした。田中芳男のご子孫田中義信氏が書かれた『田中芳男十話』によれば、福井藩主松平春嶽の巣鴨藩邸にあった西洋のアップルと初めて接ぎ木を試みたのが田中芳男だそうです。美味しそうには見えない和林檎の図を前に、先人の挑戦に感謝です。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://members3.jcom.home.ne.jp/kmuseum/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第4回―『小学読本』と『ウイルソン・リーダー』 そして火鉢!?

2016年 11月 8日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

モノが語る明治教育維新 第4回―『小学読本』と『ウイルソン・リーダー』
そして火鉢!?

 文明開化を推進したい為政者は、まずこれからの次代を担う柔軟な頭を持つ子どもたちに新しい知識を授けることに力を注ぎました。それが、近代小学校発展の推進力となるわけですが、さて教科書はどうするか、が問題です。それまでの儒学を基盤とする江戸期の往来物(第2回記事も参照)では、西洋に太刀打ちできる新しい日本人は作れません。そこで、文部省は欧米の教科書を原著として、少し日本流にアレンジした翻訳教科書を出版しました。その中で多くの人に影響を与えたのが、日本最初の国語教科書、田中義廉編集『小学読本』(明治6年発行)です。

(写真はクリックで拡大)

 「凡世界に住居する人に五種あり 亜細亜人種 欧羅巴人種 メレイ人種 亜米利加人種 亜弗利加人種なり 日本人は亜細亜人種の中なり」という書き出しは、鎖国で閉じこもっていた日本人の心に新鮮に響き、酒屋や魚屋の小僧さんまで口にしたほど人気の教科書でした。

 この開巻の言葉は新たに書き加えたものですが、これより後、5丁表(9ページ)からはアメリカの『ウィルソン・リーダー』をほぼ直訳した文章が続きます。例えば「See the cat! It is on the bed. It is not a good cat if it gets on the bed.」は「此猫を見よ 寝床の上に居れり これは、よき猫にはあらず、寝床の上に乗れり」といった風です。

(写真はクリックで拡大)

 そして、面白いのがこの野球のシーン、アメリカの教科書の挿絵と比べてみてください。

(写真はクリックで拡大)

バットを持つ子供が3人もいます。それに、ボールも2個飛んでいます。本が出版された明治6年に野球を知る日本人はいないに等しかったでしょうから、書く方も読む方も不自然に思うことはなかったのでしょう。

 江戸期の往来物が大人になって役立つ知識をストレートに植え付けようとしたのに比べ、翻訳といえども子どもの目線で書かれた点は画期的なことでした。翌年には改正版が出され、文章も少しこなれてきます。

 付録・当館の所蔵品の中には『小学読本』の版木を利用して作られた火鉢があります。

(写真はクリックで拡大)

4面に版木がはめ込まれており、前出の猫と野球のページを刷った版木も使われています。本を作るための道具である版木が、実は細かな手仕事で仕上がった工芸品だと気づかされます。内側に銅を張り、意匠的に面白い火鉢に仕上げているところが素敵ですし、摩滅して使えなくなった版木の再利用として、当時からリサイクルの知恵が活かされていたことにも驚かされます。

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://members3.jcom.home.ne.jp/kmuseum/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


モノが語る明治教育維新 第3回

2016年 10月 11日 火曜日 筆者: 唐澤 るり子

モノが語る明治教育維新 第3回

 近代小学校の始まりを見てみましょう。

 明治5年に日本の学校制度を定めた学制が頒布され、同年教員養成のための師範学校が初めて東京に作られました。

 この学校で教授法を指導したアメリカ人教師M.M.スコットの通訳をしたのが坪井玄道です。当時の様子を「学科教授法は勿論、何でも洋風に机と腰掛で授業するのでなければいけないといふので、わざわざ昌平黌の畳を剥がして、穴だらけになった板の間を教場に用いた」(『教育五十年史』)と振り返っています。まずは形から西洋を取り入れたわけです。

【1】

 明治6年、全国的に小学校が開校しますが、この錦絵「訓童小学校教導之図」(写真【1】)は翌年に発行されたものです。作者は肉亭夏良、後に光線画で独自の世界を開拓した小林清親といわれています。当時の錦絵はニュースの役割も果たしており、世間の耳目を集めていた学校の様子をビジュアル化して伝えたものと考えられます。

 教室はオープンクラスになっており、4クラスが授業をしています。寺子屋との一番の違いは、西洋風に一度に同じ内容を教える一斉教授法を取り入れたことです。右の2クラスは、そのため新たに低学年用教具としてアメリカのチャートを参考に作られた掛図を壁にかけて授業を行っています。男性教師が単語図(物の名前と特性を学ぶもの)、女性教師が連語図(単語を使い文章にしたもの)を鞭で指し示していますが、掛図の授業はこのように先生と生徒の問答形式で進められました。

 ところで、この「桃・栗・梨」で始まる第三単語図は実物の掛図(写真【3】)が当館に展示されており、比較してみるとご覧のように同じで、細かな部分まで正確に描かれていることがわかります。

(写真はクリックで拡大)

【2】   【3】

 よく見ると男女のクラス間に竹の結界が設けてあり、洋式を取り入れた中にも和の精神が見て取れるのが、面白いですね。

 左のクラスでは、立て掛け式の黒板を使った授業をしています。この黒板も元はスコットがアメリカより取り寄せたもので、算用数字の練習や字の書き方などを教える教具として使われました。当時は塗板や塗盤と記され、黒板の名前が多く用いられるようになったのは明治10年代からです。

 生徒は皆、腰掛や椅子に座り、寺子屋時代の正座とは様相が一変します。机は天板部分が傾斜した高級品、屋外ではブランコや木馬が描かれ、ゴージャスに脚色はされているでしょうが明治初期の学校の様子を知ることができる貴重な絵です。

*

写真について

【1】
「訓童小学校教導之図」

【2】
【1】の掛図の部分を拡大したもの

【3】
明治6年、師範学校が作成した第三単語図。「筑摩県重刻章」「千部限」の印が押されている。小学入門として1年生が教わる教材にしては、字が難しい。「大角豆」や「薑」、読めますか??
答えは「ささげ」と「しょうが・はじかみ」です。

*

◆この連載の目次は⇒「モノが語る明治教育維新」目次へ

* * *

【筆者プロフィール】

『図説 近代百年の教育』

唐澤るり子(カラサワ・ルリコ)

唐澤富太郎三女
昭和30年生まれ 日本女子大学卒業後、出版社勤務。
平成5年唐澤博物館設立に携わり、現在館長
唐澤博物館ホームページ:http://members3.jcom.home.ne.jp/kmuseum/
唐澤富太郎については第1回記事へ。

※右の書影は唐澤富太郎著書の一つ『図説 近代百年の教育』(日本図書センター 2001(復刊))

*

【編集部から】

東京・練馬区の住宅街にたたずむ、唐澤博物館。教育学・教育史研究家の唐澤富太郎が集めた実物資料を展示する私設博物館です。本連載では、富太郎先生の娘であり館長でもある唐澤るり子さんに、膨大なコレクションの中から毎回数点をピックアップしてご紹介いただきます。「モノ」を通じて見えてくる、草創期の日本の教育、学校、そして子どもたちの姿とは。
更新は毎月第二火曜日の予定です。


次のページ »